【相談例】転職

転職をきっかけに収入が変わるので、保険を見直したいです。また、今後妻は仕事を辞め、子どもをもうひとり希望していますが、家計は成り立ちますか?

相談者 男性(32歳)会社員
年収700万円→800万円
非喫煙者

<家族構成>
妻(30歳) 会社員(時短勤務中)
年収200万円
非喫煙者
長女(1歳)

加入中の
保険
・夫:収入保障保険:8,000円/月
終身医療保険:3,000円/月
学資保険:20,000円/月

・妻:終身保険:10,000円/月
定期医療保険:1,500円/月
がん保険:1,500円/月
相談したい
こと
・夫の転職を機に、妻は仕事を退職予定。保険の見直しは必要?
・子どもをもうひとり希望。妻が専業主婦でもやっていけるか知りたい

「家庭にフィットする保障」を選べば、保険料は安く、保障は手厚くなることも!

※1 払済:保険料の支払いをストップし、今まで払っていた保険料に対する解約返戻金を以降の保険期間に充てて保障を継続すること
※2 減額:保障額や保険料を引き下げて契約を続ける方法

医療保険は「新しいもの」へアップデートするのが吉

学資保険だけじゃない!教育資金づくりに「変額保険」を活用

FPからの提案

加入中の保険 見直し後
収入保障保険 8,000円 収入保障保険※1 5,000円
終身医療保険 3,000円 終身医療保険※2 3,000円
学資保険 20,000円 学資保険 20,000円
変額保険※3 20,000円
終身保険 10,000円 変額養老保険※4 5,000円
定期医療保険 1,500円 終身医療保険※5 4,000円
がん保険 1,500円
貯蓄型保険総額 30,000円 貯蓄型保険総額 45,000円
掛け捨て保険総額 14,000円 掛け捨て保険総額 12,000円
合計 44,000円 合計 57,000円

※1 保険期間を55歳までにし、就業不能保障やがん保障がついたものに乗り換え
※2 同程度の保険料で、入院一時金があるなどよりよい保障のものへ乗り換え
※3 第二子の教育資金準備として加入
※4 終身保険は払済にし、その保険料の一部で変額養老保険に加入
※5 定期医療保険とがん保険を解約し、がん特約をつけた終身医療保険に乗り換え

【見直しのポイント】

・子育て世帯の万が一の保障は「末子の成人・大学卒業」をめどに考えよう。
・医療保険は新しい商品のほうがお得なケースも。終身型でも保障はつど見直しを。
・教育資金はさまざまな保険を組み合わせるのも一案。

不明点や詳細が知りたい場合は
『LifeR』のFPに相談

FPならだれでもいいわけじゃありません!

『株式会社ソルブグループ』は日本でトップクラスのFPだけを紹介する唯一の会社です。


― お電話でのお問合せ・お申込み ―
受付時間 9:00~18:00(土日祝除く)