【相談例】子どもが独立

子どもが独立しました。ライフステージが変わったので、保険を見直したいです。また、老後の備えについてもアドバイスをお願いします。

相談者 男性(55歳)会社員
年収600万円
喫煙者
※銀行預金2,000万円・退職金500万円予定

<家族構成>
妻(52歳)専業主婦
非喫煙者

加入中の
保険
・夫:終身保険:20,000円/月
収入保障保険:10,000円/月
終身医療保険:2,000円/月

・妻:定期保険:4,000円/月
定期医療保険:1,500円/月
がん保険:1,500円/月
相談したい
こと
・子どもが独立したので保険を見直しし、年齢的に必要な保険があれば知りたい
・ある程度まとまったお金があるので、老後資金づくりに活用したい

50代の医療保障は「10年後、15年後にかかる医療費」をイメージしながら考えよう

意外とお金がかかることも?そろそろ意識したい「最終整理資金」のこと

50代は「第二の年金づくり」のフェーズ!保険で増やす仕組みをつくろう

※一時払い:保険期間中の保険料をまとめて支払うこと。保険料の支払い方法のなかで、総支払額がもっとも安くなる。

FPからの提案

加入中の保険 見直し後
終身保険 20,000円 終身保険※1 20,000円
収入保障保険 10,000円 終身医療保険※2 7,000円
終身医療保険 2,000円
定期保険 4,000円 変額保険※3 10,000円
定期医療保険 1,500円 終身医療保険※4 6,000円
がん保険 1,500円
余剰資金の活用方法 死亡保障200万円、3大疾病保障1,000万円の保障をつけたドル建て終身保険に加入。月50,000円の保険料で10年短期払いにし、65歳以降は支払いがなくなるように設定。保障を確保しつつ、そのままおいておけばお金が増えていく仕組みを老後資金づくりに活用する。
貯蓄型保険総額 20,000円 貯蓄型保険総額 60,000円※5
掛け捨て保険総額 19,000円 掛け捨て保険総額 13,000円
合計 39,000円 合計 73,000円

※1 一時払いにし、そのままおいておく。収入保障保険は解約
※2 短期入院保障、通院保障、3大疾病保障を特約でプラスする
※3 定期保険は解約し、変額保険に加入
※4 定期医療保険、がん保険を解約し、夫と同程度の保障の終身保険に加入
※5 終身保険は一時払いにするため今後の支払いなし。新たに加入するドル建て終身保険と変額保険の保険料の合計が60,000円

【見直しのポイント】

・医療保険は10年後、15年後を見据えた保障を今のうちに備えておこう。
・子どもの独立後の死亡保障は「最終整理資金」のみでOK。
・お金の預け先を工夫して、保障を備えつつお金を増やす仕組みづくりを検討しよう。

不明点や詳細が知りたい場合は
『LifeR』のFPに相談

FPならだれでもいいわけじゃありません!

『株式会社ソルブグループ』は日本でトップクラスのFPだけを紹介する唯一の会社です。


― お電話でのお問合せ・お申込み ―
受付時間 9:00~18:00(土日祝除く)