【相談例】保険の契約更新

更新で保険料が高くなるので、保険を見直したいです。教育費に備えるため、保険料を抑えることはできますか?

相談者 男性(35歳)会社員
年収500万円
喫煙者

<家族構成>
妻(33歳) 会社員
年収350万円
非喫煙者
長女(3歳)
次女(1歳)

加入中の
保険
・夫:定期保険:10,000円/月
定期医療保険:2,000円/月
学資保険:20,000円/月

・妻:定期保険:5,000円/月
定期医療保険:1,500円/月
がん保険:1,500円/月
相談したい
こと
・契約更新のタイミングなので保険全体を見直したい
・更新すると保険料が高くなるのに抵抗がある
・今後かかる教育費に備え、できれば保険料を抑えたい

死亡保障は「収入保障保険」で必要な分だけ賢く備えよう

死亡保障は「変額保険」で老後のリスクをカバー

教育資金づくりは「ドル建て終身保険」と「変額保険」どっちがいい?

FPからの提案

加入中の保険 見直し後
定期保険 10,000円 収入保障保険※1 6,000円
定期医療保険 2,000円 終身医療保険※2 3,000円
学資保険 20,000円 学資保険 20,000円
変額保険※3 20,000円
定期保険 5,000円 変額保険※4 5,000円
定期医療保険 1,500円 終身医療保険※5 5,000円
がん保険 1,500円
貯蓄型保険総額 20,000円 貯蓄型保険総額 45,000円
掛け捨て保険総額 20,000円 掛け捨て保険総額 14,000円
合計 40,000円 合計 59,000円

※1 保険期間を55歳までにし、就業不能保障やがん保障がついたものに乗り換え
※2 定期保険を解約し、終身型の保険に乗り換え
※3 第二子の教育資金準備として加入
※4 定期保険を解約し、同じ保険料で変額保険に乗り換え
※5 定期医療保険とがん保険を解約し、がん特約をつけた終身医療保険に乗り換え

【見直しのポイント】

・共働き夫婦は、それぞれの収入を加味したうえで死亡保障を設定しよう。
・ある程度世帯年収に余裕があれば、変額保険などで少し冒険しながら資産を増やす方法も検討の余地あり。
・賢く教育資金を備えたいときは、ドル建て保険や変額保険も選択肢に。

不明点や詳細が知りたい場合は
『LifeR』のFPに相談

FPならだれでもいいわけじゃありません!

『株式会社ソルブグループ』は日本でトップクラスのFPだけを紹介する唯一の会社です。


― お電話でのお問合せ・お申込み ―
受付時間 9:00~18:00(土日祝除く)